西川金物店・(有)醒井西川ガス
湧水名所醒井の何でも揃う

〒521-0035
滋賀県米原市醒井302
TEL0749-54-0223 FAX0749-54-0221

Blk

総合案内ブログページ2022年 ≫ 9月 ≫

2022年9月の記事:ブログページ

ロシア沖縄

ウクライナ侵攻を続けるロシアプーチンは、ついに予備兵30万人を派遣しようとしている。
予備兵っていっても現役を退いた、ほぼ素人集団。
ここまでくると、ロシアは追い詰められて苦し紛れの策略だ。
最終的にはロシア国民総動員ってことになるのでは?

国家存亡の危機、防衛のためになら話はわかる。
今回は、ウクライナへ領土を奪いに行く侵略戦争に赴けと命令なのだ。
ロシア国民からは、デモ更新や国外逃亡の検索が100万回?とか、ロシアプーチンの逸脱したクレイジーぶりに、ロシア国民も騒ぎ出したのだ。

戦地へ喜んで行く馬鹿はいるのか?
すでにロシア素人兵はウクライナ軍の反撃にあって、痛恨を極めている。しかも士気も薄く、兵隊経験もない。装備も旧式。
ウクライナ軍は最新式の兵器で盛り返している。
これは、量より質を選んだウクライナ軍のほうが賢い。

30万人を派遣しようとしても、士気がなく、死ぬことは周知の事実。
勘違いしているのは、クリミア半島、ドンバス地域は既にロシアのもの、と思い込んでいる一部のロシア国民とプーチンの哀れな頭脳だけ。
住民投票を急がせ、ロシアに編入を事実としておきたい思惑がバレバレなのである。元々、クリミア半島の時の住民投票すら不正っぽい。
ロシアは、クリミア半島とドンバス地域を強奪しているだけで、ロシア領土ではないのだ。
その戦地へ国民を赴かせ、死んでも知らない。使い捨てをするのがロシアプーチンのやり方。
さっさと、ロシア兵撤退したほうが潔いのに、泥試合をやるつもりらしい。
ロシア国民も、プーチンを当選させたから、このツケが回ってきたのだ。ロシア国民のせいじゃないか

沖縄の玉城デニー知事も当選した。この知事は、沖縄から米軍出ていけ!と言っている知事を当選させてしまった。
米軍は中国から守ってくれているのを逆なでする発言にも良く思わない。勝手にしてくれよ!と米軍は思っているだろう。
沖縄助けてくれないよ!
沖縄県民が選んだ知事のせいで、沖縄が中国共産党の支配下になるのを沖縄県民は選んだ事になる。

プーチンを選んだのはロシア国民。ロシア国民の責任。
じゃないか!それを、西側諸国のせいにされても困る。

玉城デニー知事を選んだのは沖縄県民。沖縄県民の責任。
今後、有事があっても米軍はそっぽむくかも知れない。
2022年09月22日 19:57

世の中おかしい

TwitterやYoutubeを見ていると、
安倍元総理の国葬の話、ロシアのウクライナ侵攻の話が多い。

安倍元総理の国葬は、参加不参加、それぞれ各々が決めれば良い。わざわざ、「不参加です」とTwitterにアピールしなくてもよい。それで支持率が上がるわけでもない。
辻元議員、蓮舫議員、無駄なアピールやめたまえ。
安倍元総理親族に失礼だと思わないか?
こういう礼儀のない行為は、今後自分に火の粉が降りかかる。
党が違うとはいえ、同じ日本の国会議員だから、感情を先走るのではなく、国会議員としての追悼の意を示した方がよい。

ロシアのプーチンは血迷っている。
国民にまでウクライナへ出兵を求めるよう要請したそうだ。
国民は訓練を受けていない素人なのに、ロシアの兵力はかなり厳しくなってきているようだ。

そもそも国民が出兵する時は、国家衰亡の危機に、国家総動員で国を守る!というのならまだ話はわかる。
しかし、ロシアはウクライナへ侵攻している立場。
ウクライナの領土を奪っているのだから、そこへ国民を出兵させるのは間違いだ。
クリミア半島は、ウクライナから奪った。
ドンバス地域も親ロシアが支配しているだけで、ウクライナの領域だ。まるで、もうこの地域がロシアの領土であるかのように、プーチンの頭脳は犯されている。
それを口実に、奪った領土を自国領土と勘違いして、国家防衛のために、ロシア国民を出兵させようとしている。
プーチンは、とことん戦いを続けるつもりだ。
核を使ってくる恐怖もある。

奪ったものは返さないスタイルそれがロシア。

岸田総理は、ロシア、中国、北朝鮮からなめられている。
内閣支持率を気にして、思い切った事が出来ないのだ。
統一教会疑惑にやられ、なにも言わず何も出来ず、このまま衰退路線か・・

 
2022年09月21日 20:28

コインスター

平和堂やバローのスーパーで最近見かけるコインスターをご存じだろうか?
コインスターは、各自で両替できる両替機。
銀行の時間外でも小銭が紙幣に両替できる画期的な機械である。

日々の生活の中で消費者が現金による支払いを続ければ、財布やポケットの中にどうしても硬貨がたまっていく。
これまでは、たまった大量の硬貨を銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)などに持ち込めば、
額面の大きな紙幣に両替してくれたり、自身の口座に入金してくれたりした。
ところが、銀行や郵便局は、硬貨を両替する手間とコストを嫌って、一定枚数以上の硬貨の両替を徐々に「有料化」していった。
しかも手数料がものすごく高いのである。

例えばメガバンクのみずほ銀行の場合、両替のために窓口に持ち込む硬貨の枚数が100枚までは無料だが(ATMでも100枚まで無料)、
101~300枚と301~500枚では550円、501~1000枚では1320円、以降500枚ごとに660円の両替手数料がかかる。
そして22年1月17日には、それまで硬貨を何枚両替しても手数料無料だった郵便局も有料化に踏み切り、
硬貨の両替を何枚でも無料で引き受ける大手金融機関は事実上、姿を消してしまった。。

そこで注目を浴びているのが、米国発の硬貨“逆”両替機「コインスター・マシン」だ。
大型の自動販売機のような機械を小売店などの店内に設置し、その本体にユーザーが硬貨を投入すると、
毎分600枚以上という高速で自動的に枚数と金額を計算し、手数料を差し引いた額を示して、設置店舗の商品・サービスの購入や紙幣などとの交換に使える「引換券」が発行される。ユーザーはこの引換券を持って売り場やレジに出向くか、指定の場所で紙幣と交換する仕組みだ。
1回につき最大5万円まで投入できる。

銀行は、枚数で手数料を計算する。1円玉1000枚でも手数料は1000円以上かかる。
しかし、コインスターなら、枚数に関係なく、金額総計に対して、9.9%の手数料がかかるのである。
したがって、1円1000枚なら、手数料が99円だ。
銀行や郵便局が枚数ベースで両替手数料を設定しているのに対し、金額ベースで手数料を設定しているため、
1円や5円など低額の硬貨が多いほどユーザーには得になる。

銀行はふざけた高額手数料徴収をするのは、貸し借り業務では儲からず、
少しでも手数料で収入を得ようとする作戦である。
人口減少社会であるため、貯金口座も減っていく、銀行の統合もあれば、いろいろ銀行も事情が苦しいのだろう。
しかし、ATM入金出金で手数料を徴収するくせ、両替でも手数料とは・・
サービスがケチに変わったのだ。

コインスターはセルフ式・・
こういったコインスターの機械を各地で導入すれば、銀行へ両替来店はぐっと減る。
むしろ、両替は面倒くさいので、来てほしくないのが銀行側の本音だろうか?
銀行の手数料徴収は、キャッシュレス時代を見込んでいるのだろうが、
どうしても小銭は出来てしまう。

小銭が出来る自動販売機で
小銭使わないように、すべて電子マネー対応にすれば良い。
電車の切符をなくし、すべてICOCAやsuicaにすれば良い。
セルフレジで小銭投入してしまうので、カードや電子マネーにして現金ダメにすれば良い。
世の中で硬貨が必要な場所が多くあるから、小銭が出来る。
キャッシュレス100%の世の中の仕組みを変えなきゃ小銭は無くならない。
まず、無理だろう・・
だから、両替は無くならない。
自分は、もう銀行両替はしない。コインスターを初めて利用したが、
なるほど!これは便利だ。手数料も安い。我が店舗にも設置しようか悩む。
2022年09月14日 20:13

ブログカテゴリ

モバイルサイト

西川金物店スマホサイトQRコード

西川金物店モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!